お家時間

部屋が散らかっている独身に導入してもらいたいルンバがいる生活

こんにちは森かもめです。

今回のAmazonプライムデーで購入したので、紹介します。

テレビで紹介されるほどの汚部屋ではありませんが、決して綺麗でもありません。
独身男性のお部屋というほどには散らかっています。

そんな私の部屋に、iRobotのルンバを導入しました。

ルンバを導入した動機

私の部屋の間取りは40m2の1LDKでよくある間取りだと思います。
そこに、テレビ、PCデスク、ソファー、本棚、ベットを置いて、空間スペースは決して広いわけではありませんが、私はズボラな性格をしているので、掃除機をかけるのは、2週間に1度あるかどうかです。

2週間も掃除機をかけないと、床にホコリが溜まって足が汚れるようになります。
(そんなになる前に掃除機をかけろって話ですよね)

でもめんどくさくてなかなか掃除機を掛けることができませんでした。
だから、基本的には、ルンバに掃除機をかけてもらって、同じように2週間に一回のペースで掃除をかけるという作戦に出ました。

吸引力が期待以上!

ルンバの吸引力は期待以上で私が使用してる掃除機に劣らない吸引力がありました。

これは、ルンバ独自のローラの組み合わせでゴミを強力に除去するから仕組みである「AeroForce クリーニングシステム」によるものです。
[2018年版]高いルンバと安いルンバ、何がどう違うのか? 主要5モデルの価格の「差」をプロの解説で完全解明!(GetNavi web)-毎日新聞

これであれば、自分で掃除するところは、ルンバが届かない隅の方ぐらいで十分かなと思っています。

部屋の片付け状況が一目瞭然

ルンバを操作するiRobot HOME アプリでは、ルンバがどこを通ることができたか一目でわかります。

床に物が置かれていると、ルンバが掃除することができないので、アプリに掃除した履歴も残りません。

目に見える形で、部屋の散らかり状況が把握できので、片付けないと!という気持ちになり、部屋の整理整頓する機会になっています。
実はこの機能目当てで購入した節もあります。

<Before>

<After>

afterの右側に追加されたところがありますよね。そこが私の寝室になりますが、散らかっていて、初日はルンバも入ってくることを拒否していました。

後日、寝室を掃除して、ルンバが入ってきてくれるようになりました。

ルンバに愛着が湧く

ネットの書き込みを見ても結構多く言われる意見ではありますが、こんな無機物にペットのような愛着が湧くわけないだろと思っていた時が私にもありました。

でも実際に動かしてみると一瞬でルンバの生み出す愛くるしさに心を奪われてしました。
動きがまるで、生きている動物のようで愛くるしいです。

リラックスしてテレビを見ていても、近づいてくるとついついルンバに場所を譲ってしまいます。
ペットのいない一人暮らし独身男性には、なかなか味わうことができない幸せです!

自分の意思とは違う動きをする物が部屋にいることがこんなに素晴らしいこととは〜と思ってしまいました。

アプリにルンバを登録する時に、名前を登録します。

私のルンバの名前は『ルン バル子』です。
名前をつけるのについつい異性名をつけてしまうのも独身の相かな〜とか思ってしまいますね。

注意点

ダストボックスがすぐにいっぱいになる

ルンバを導入してまず思ったことが意外とダストボックスが小さいことです。

1LDKの一人暮らしの部屋でもすぐにダストボックスがいっぱいになってしまうなぁ〜と思ってしましました。

使い始めたばっかりの時は元々の僕の部屋のホコリですぐにいっぱいになっていましたが、毎日使用していたら、部屋のホコリも少なくなり、回収する頻度も徐々に減っていきました。

広い部屋やゴミを回収するのもめんどくさいと思っている人は、本体外部でゴミを回収するお掃除ロボットもあるのでそれを選べいいと思います。
まぁ〜いい値段しますが…

ルンバが動く動線を確保しないといけない

分かりきっていることですが、ルンバが動けるスペースがなければ、ルンバがあっても意味がありません。

私自身は、ルンバを導入することで動線を確保するよう意識する⇒整理整頓を意識できると思い、購入しました。

ワンルームなど、部屋があまり広くない方は購入することをお勧めしません。

寝ていてもルンバの音で起こされる

ルンバの動作音は思ったほど大きくないように感じました。テレビを見るほどには差し支えはありませんでした。
熟睡中なら、多分起きることがないと思いますが、休日とかでゆっくりと寝たいという人はアプリで自動運転を切っておいた方がいいと思います。
私も何度かルンバに起こされたことがあります。

終わりに

以上が、ルンバの紹介でした。
AmazonプライムなのでAmazonで安く買える機会があるので、それを狙って購入するのもいいと思います。

他にも、色々な生活を快適にするグッズを紹介しています。
是非ご覧ください!
繁忙時期にあるとかなり楽にさせてくれるアイテム【5選】

では、