お家時間

【メンズ必見】両刃カミソリでヒゲ剃りが肌に優しく楽しくなる!こだわる男のシェービングとは

ムダ毛処理は、なにで処理していますか?

T字のカミソリ?電動シェーバー?それとも永久脱毛をすでに完了しているでしょうか!?

このブログでは、現在主流である安全カミソリや電動シェーバーとは一味違った両刃カミソリを紹介します。

両刃カミソリは古くからある商品ですが、お財布にも肌にも優しい商品です。

両刃カミソリに向いている人

1.シェービングで肌が傷つくのが気になる。
2.深剃りをしたい。
3.カミソリの替え刃等のランニングコストが気になる。
4.シェービングを楽しみたい。

両刃カミソリとは

現在主流となっているT字カミソリの原点である、安全カミソリの原点である両刃カミソリは、1903年アメリカで開発されました。

当時は、片刃しか替刃を両方に刃を付け、両方でヒゲを剃るようになりました。
ヒゲを剃る時の角度を気にすることなく、刃を頬に当てるだけで簡単に剃ることができることが画期的でした。

両刃カミソリのメリット

肌に優しい

両刃カミソリは肌に優しいです。

主流のT字カミソリは、肌の深くにあるヒゲまで、剃る構造になっています。
深剃りは、ヒゲをスッキリ処理できるメリットがある一方、肌を傷つけやすいデメリットもあります。

両刃カミソリは、基本的には肌表面にあるヒゲを剃ります。

なので、肌に刃が強く当たらないので、肌に優しいというメリットがあります。

深剃りが簡単にできる

前述に、基本的には、肌表面にあるヒゲを剃ると言いましたが、 決して、深剃りができないという訳ではありません。

刃の挿入角度を変えることで、深剃りができます。
30°を基準で、刃を寝かせれば浅く剃り、立てれば深剃りという具合です。

逆剃りで剃ることで、T字カミソリよりも容易でさらに深剃りできます。
ここに、両刃の利点があります。 T字カミソリで逆剃りをしようとすると、持ち替える必要があります。
両刃カミソリは、両側に刃がついているので、持ち替えの必要なく逆剃りができます。

これにより、深剃りしたい箇所と浅く剃りたい箇所を自由に変えることができます。

シェービングが楽しい

両側カミソリは、T字カミソリと比べて、シェービングが難しいです。

でもそれがいい!!

初めは、思うように剃ることができません。
角度30°が基準と記載しましたが、なかなかそれをキープすることは難しいです。
アゴの角や喉仏周りを剃るのが難しいです。

しかし、数を重ねると、部位毎に適した角度が感覚でコツを掴み、シェービングが楽しくなってきます。

一度に多くを剃るのでなく、少しずつ剃っていくのがポイントです。

今時ではないクラシックなデザインのカミソリを使いこなせるようになると楽しいですよ!!

替刃のカミソリのランニングコストが安い

T字カミソリ4枚刃は大体325円/個ぐらいで交換頻度は人それぞれとは思いますが、 およそ2週間ほどで、切れ味が落ちてきます。

両刃カミソリは50円/枚で、一枚当たりの単価が安いのが魅力です。

私は交換頻度も今まで使っていた4枚刃カミソリとそこまで変わらず、2週間ほどで交換しています。

単価が安いので、気軽に交換できるので、少しでも切れ味が落ちらなぁと感じたときは、気軽に交換できます。

替刃は規格が統一されているので、どのメーカーのものでも使用可能です。
色々な替刃を試してみて、お気に入りのものを探したいですね!

おススメの両刃カミソリ

フェザー・ポピュラー

この商品は安価なのがとてもいい!!
安価といっても、歴史のある日本製なので、品質は安心してください!

まずは、この商品に触れて慣れたら、上位商品を購入することをおススメします。

ミューレ ・TRADITIONAL

こちらの商品は両刃カミソリの中でも、中グレードの商品となります。
ステンレス切出しで上品なデザインとなっています。

取り回ししやすいサイズに加えて、重量感があり、肌に当てると、軽くヒゲを剃ることができます。

おススメのシェービングフォーム

両刃カミソリは内臓ジェルは当然ないので、シェービングフォームは必須です。

shick シェーブガード

created by Rinker
Schick(シック)
¥2,150
(2022/10/03 15:17:06時点 Amazon調べ-詳細)

せっかくなら、こだわったシェービングフォームを紹介したいところですが、私は、T字カミソリを使っていたころから、この商品しか使ったことがないので、この商品を紹介します。

ジェルのシェービングフォームもありますが、こちらの商品はきめの細かい泡で肌を優しく守ってくれます。
他におススメのシェービングフォームがあれば、是非教えてください!!

終わりに

いかがだったでしょうか? 両刃カミソリは、難しいところも多くありますが、一度使いこなすと、手放すことができない商品です。

私自身、ひげ剃りが面倒でした。

でも、今は両刃カミソリを使うようになって、毎朝早起きしてヒゲを剃ることが楽しみになりました。

毎日面倒なひげ剃りを少しでも楽しくしたいと思っているのであれば、 是非一度、両刃カミソリをお手に取ってみてはいかがでしょう!

では、、、