商品紹介

入手困難な財布。大人気な財布m+〔エムピウ〕millefoglie〔ミッレフォッリエ〕

以前からずっと欲しくてやっと手に入れたm+〔エムピウ〕millefoglie〔ミッレフォッリエ〕という財布を紹介します。

この財布の特徴

・こだわりある上質な本革を使用して、良質、頑丈
・コンパクトな財布でありながら大容量
・小銭入れがガマ口で見やすい

人気があるのにも関わらず、職人一つひとつ丁寧に作っているので、生産量も限られているので入手はとても困難な財布です。

やっと手に入れることができたので、m+とmillefoglieについて細かく紹介します。

m+〔エムピウ〕とは

建築士の村上雄一郎氏が立ち上げた革製品ブランドです。
ブランド名の『m+〔エムピウ〕』は村上氏のmにプラスをつけたのは、『作り手+誰か』によって、ものが完成するから。
天然素材、信頼できる職人、そして使い手の一人一人が関わりながら、m+の革製品は生まれる。という思いが込められています。

村上氏は
ポケットにの小銭を気持ちよく持ち歩けないだろうか。
たとえば、手触りのよい一枚の革で包み込む。
しかも中身を取り出しやすく、使えば使うほど愛着がわく。
そんあいれものがあったら・・・。

と考え、このm+millefoglieという財布は生まれました。

m+millefoglie 〔ミッレフォッリエ〕の特徴

商品名:millefoglieってどういう意味

mille=千
foglie=葉っぱ という意味です。

一枚革を葉っぱのように包み込み
横から見たら、ミルフィーユのような線が入っている構造からこのような名前と付けられました。

コンパクトかつ大容量

サイズは、名刺入れとほぼ同じサイズをしています。

ですが、このサイズ感でありながら、多くのカードと、お金を入れることができます。

カードは3箇所の間仕間仕切りされており、1箇所5枚15枚+ICカード入れ1もカードを入れることができます。

お札は10枚入り出し入れがしやすく、確認しやすい、特徴ある形状をしています。
さすが、建築士!って感じました。

小銭も15枚程入り、がま口の形状をしているので、必要な小銭が探しやすいです。

見た目がおしゃれで、上質、頑丈

外面は、イタリア製タンニン鞣し革という上質な革で作られています。
タンニン鞣し革とは、太古から伝わる方法で植物タンニン剤を使用し長時間かけて、革に浸透させてなます方法です。

他のクロス鞣し革に比べ、経年変化が早く、使う人に合わせて変化していく革です。
参考:鞄いたがき:タンニンなめし革について

キボシといわれる金具で財布を止めるので、ファスナーやスナップボタンより壊れにくく、外れにくいです。この金具も真鍮という素材でできているので、質感が高くなっています。

気になるポイント

カードの視認性が低い

カードは、3カ所の間仕切りに分けている構造になっています。

1つ目の間仕切りにクレジットカード
2つ目の間仕切りに身分証明書関係
3つ目の間仕切りにポイントカード

との具合に。

ですが、カード一枚一枚を視認することができません。
また、分けてカードを入れていても、お会計の際などに間違えて入れてしまうことがあります。
この際に、カードが迷子になってしまって、次のお会計でもたつくことが多々ありました。

小銭を入れすぎると分厚くなる

他の財布でもよくあることですが、この財布は、革で包む構造になっているので、他の財布と比べても若干分厚い構造になっています。

また、小銭をたくさん入れると、小銭入れ側かなりもっこりします。
構造的に仕方ないと思いますが・・・。

小銭をこまめに使い、貯め過ぎない必要がります。

キボシは少し止めにくい止めにくい

前述で、キボシで財布を止める構造になっていて、ファスナーやスナップボタンよりも、壊れにく構造になっています。

一方、コツをつかむまで止めにいように感じました。小銭がたくさん入っていると特に・・・。

慣れてくると、片手でも止めることができますが、お会計や慌ててるときは、止めないでバックの中に入れてしまって、小銭がバラバラになっていたということがありました。

m+millefoglieの購入方法

一様、以下にAmazonと楽天のアフリエイトリンクを張っておきますが、人気があり、職人による手作りなので、生産量も限られています。
よっぽど運がよくなければ、ここからは購入することができません。

created by Rinker
¥19,800
(2022/10/05 10:33:33時点 楽天市場調べ-詳細)

では、どのように購入をするか?

販売店行く

東京 浅草にm+直営店があります。

また、m+は全国で多くの取り扱い店があります。
m+:商品お取扱い店

ここに足を運び購入します。
ですが、ここでも人気の商品なので、売り切れていたり、購入したいカラーがない可能性が高いです。

公式オンラインショップで購入

m+ホームページに公式オンラインショップをあります。

m+:オンラインショップ

ですが、ここでも基本は売り切れです。

でも、在庫ができる1日前にいつの何時から、販売するというメール通知に登録することが可能です。

欲しいカラーのメール通知を申し込んで、通知が来るのを待ちましょう!

ですが、通知が来ても、時間が来たら一瞬で売り切れます。
スケジュールを合わせて、時間が来たらすぐにアクセスして、支払い、注文を完了させる必要があります。

おわりに

m+millefoglieの紹介でした。

本当にいい財布なので、この記事で多くの人が欲しいと感じてもらえたら嬉しいです。

建築士が設計した、唯一無二のデザインで使いやすく、上質で頑丈。
良質なイタリア製タンニン鞣し革ならではの、革の経年変化を楽しむことができるこの財布を多くの人に使ってもらいとです!

では、、、


家具、家電のレンタル生活スタイルに合わせて借りられる【CLAS(クラス)】家具や家電のサブスクリプションサービス、株式会社クラスのCLAS(クラス)を紹介します。 私自身、仕事の都...
キーボード沼から抜け出せる最高のキーボードHHKBtype-sこんにちは、森かもめです。 今回はキーボード界のハイエンドデバイスである、HHKB Type-Sを紹介します。 この記事...